記憶の汀

~とりとめのない日々のこと~

『知音』2021年3月号から

みなさまこんばんは。

早いもので気が付けば3月もおしまいです。

取り急ぎメモしておきます。

 

掌にぬくめてホットレモンの香(吉田しづ子)

話すことなくても愉し暖炉燃ゆ(前田星子)

教室の隅の一人の日向ぼこ(小倉京佳)

行く年や流れゆくもの見つめゐて(笠原みわ子)

手袋の記憶残りし別れかな(岩本隼人)

淋しさにまた振り返る冬桜(平手るい)

古書街の日曜静か木の葉散る(小池博美)

布団干すお日さまといふ良き言葉(佐藤二葉)

光芒となり白鳥の舞ひ降りぬ(鏡味味千代)

風花といふ美しき言葉かな(田中優美子)

思ひ出のやうに咲きゐて帰り花(関 さくら)

一日をよく働いて柚子湯かな(池田文枝

かに玉のふつくら焼けて小春かな(伊丹妙子)

 

『鷹』2021年3月号から

みなさまこんにちは。

この前、寒暖差アレルギーという言葉を知りました。

気温の大きな変化による自律神経の乱れが原因のようです。

 

さて、今月も鷹誌から素敵な句をメモしていきたいと思います。

 

水底に薄日の届く冬至かな(宮本素子)

幸せになりたく日記買ひにけり(加藤静夫)

小波はひかりを運び帰り花(辻内京子)

陽だまりの綺羅なり冬の蜆蝶(下瀬坐髙)

着ぶくれて何かせねばと風呂磨く(茂木直子)

切手貼る机上に冬日届きけり(中田芙美)

雪ふれば今日の悲しみ知るごとし(石井節子)

冬あたたか読みさしの本胸に伏せ(加茂 樹)

冬日いま手紙のやうにやはらかく(蓜島啓介)

マフラーに唇触れて独りかな(三好じゅん)

大学の門に明るき冬桜(中川桂子)

柚子湯出て手紙のつづき書きにけり(梅野幸子)

行間の広き詩集や冬ひばり(内海純子)

日向ぼこ何もなかった顔をして(青田文子)

撫肩の春着の少女ひた祈る(中村美津子

残されし日々はさておき日向ぼこ(大山勝子)

 

『塔』2021年2月号から

こんにちは。近所の梅が花開いています。

もうそこまで春が来ているのですね。

 

ゆるやかに何かが漏れてゆくらしき君の言葉を我は繕ふ(尾形 貢)

無防備にからだあづけてくる秋の重みをしんと受けとめてゐる(澄田広枝)

>一読、不思議な魅力に満ちた歌たち。

 

スニーカーに長きスカート似合ふのが若さと言はむ ふはり秋風(北神照美)

>言われてみれば何となくそんな気もするから不思議だ。

 

晩秋のひかりを収斂したようなカリン天啓として輝く(大引幾子)

>カリンってどんな実だっけと思い、写真付き歳時記で探してみた。

 

をとめ子の素直なる髪を思はせて薄は揺れる風の光に(古堅喜代子)

>風に吹かれていろいろな植物が揺れるが、薄の揺れ具合はとてもやさしくて繊細な感じがする。

 

秋薔薇の香はやわらかく闇を抜け夜長を包み更けてゆくなり(北乃まこと)

二日分の洗濯物のすき間から木漏れ陽になる秋のやさしさ(佐原八重)

>秋を満喫するのもいいね。

 

勇敢に孤独であれと励ましの最後の手紙返事を知らず(白井真之)

>前後の歌からリルケの手紙とわかる。おそらく『若き詩人への手紙・若き女性への手紙』(新潮文庫)であろう。リルケ曰く、「孤独であることはいいことです。というのは、孤独は困難だからです。ある事が困難だということは、一層それをなす理由であらねばなりません。愛することもまたいいことです。なぜなら愛は困難だからです。」 

 

ハッシュタグ(#)「休日出勤」並ぶ朝、人並みの暮らしを考え直す(渡邊東都)

辞めてゆくこの若者の正しさを受け入れながら引継ぎをする(竹田伊波礼)

働き方改革とは一体何だったのか。そういえば、もう死語なのかもしれないけれど、プレミアムフライデーとかいう言葉も一時期流行りましたね。私には無縁の言葉でしたが・・・。

 

「塔」の本見せてと母の声がしてしばし供える十一月号(北山順子)

>すぐそばに「どんな思い出があれば母のいないこの日々に向き合えるだろうか」(同)の歌もある。「供える」という具体的な行動が寂しさを際立たせる。

 

秋晴には体操服がよく似合ふ赤い鉢巻ひらひらゆれて(阪口和子)

>楽しい歌。太宰の「富士には月見草がよく似合う」も思い浮かぶ。

 

冬の夜の眼精疲労コンビニで買ったサラダのように乾いて(田村穂隆)

>私が眼精疲労という言葉を知ったのは、山手線の車内広告。

 

日本語の底荷とならむ歌を書く上田三四二をいまも敬ひ(西山千鶴子)

上田三四二『短歌一生 ―物に到るこころ―』という本に「底荷」という文章がある。私も以前読んだときに感銘を受けて、その写しを父に渡した覚えがある。

少々突飛な譬えで恐縮だが・・・日本の文化や伝統を語る際に、たとえば法隆寺を守ろうという風なことはしばしば言われるのであるが、日本語を守ろうということはほとんど耳にしないように思う。いわゆる保守派といわれるような人々もあまり言葉には興味がないのではないかと思われる。言葉の問題に触れずして、歴史を語ったところで仕方がないのだが。まあ、建造物は目に見えるから意識が向きやすいのか。あまりこういう言い方は好きではないが、やはり唯物的だな。言葉が我々の思考の礎であることに思いを致せば、日本語を大事にしようという発想に至るのは自然なことだと思うのだが。いま、そういうことを考えている日本人って、どの程度いるのだろうか。少なくとも短歌や俳句といった言葉そのものと付き合っている人は、一度は自分事として考えることになるのだと思う。

 

秋も過ぎつつがなくとは言いがたしどの人もみな生きてと祈る(田中純子)

>ほんとうに、その通りだと思う。 

 

きんつばの粒の感じと言うべきか ツブでもコシでもない健やかさ(長谷川琳)

きんつばは私の好物のひとつ。とりわけ又一庵のきんつばは格別のおいしさだ。砂糖の甘ったるさを感じさせない。月並みな言い方だが、素材を生かした味わいということになるのだろう。

 

  

単から袷にかわり木犀の花は一日の雨に散り敷く(倉成悦子)

>一日は「ひとひ」。 素敵な取り合わせだ。こういう歌が好き。

 

『鷹』2021年2月号から

みなさまこんにちは。

今日はあたたかく、洗濯物もよく乾きそうな日です。

鷹誌から忘れたくない句をメモさせていただきます。

 

アルバムとだまつて話す小春かな(遠藤篁芽)

石段の先は青空七五三(喜納とし子)

地震くればいちころの街寒月下(加藤静夫)

古書売つて二束三文文化の日(景山而遊)

星の名を同時に言つて息白し(黒澤あき緒)

髪切つて夫と落ち合ふ小春かな(佐藤栄利子)

熱燗を口がむかへに行きにけり(佐竹三佳)

小春日や一輪車追ふ三輪車(林るい子)

古本の詩集に栞銀杏散る(辻本京太郎)

冬うらら何もない町だけど好き(竹岡佐緒理)

冬薔薇無くして気づくことばかり(柳浦博美)

冬菊や心寄せねば何も得ず(折田倫子)

カーテンの裾より光年新た(阿部千保子)

木犀や階段上る楽譜店(澤村五風)

ていねいに神棚を拭き冬に入る(根岸操)

一日に思ひ巡らす柚子湯かな(佐野恵)

冬薔薇たつた二行の置き手紙(大西和子)

仰ぐとは懐かしむこと冬紅葉(大西明)

 テーブルに林檎一個の翳りかな(柄川冴子)

『知音』2021年2月号から

みなさまこんにちは。

日中はあたたかい日も増えてきたように思いますがいかがお過ごしでしょうか。

 

先月に引き続き、今月も諸先輩方の俳句に触れてみようと思います。

 

をとめらのいま美しき夏の川

あの日より日記が途絶へ夏の川(原 川雀)

>青春と夏の川。

 

身に沁むや母の最期のありがたう

秋灯下和綴ぢに祖父の蔵書印

初めての二人暮らしや小鳥来る(𠮷澤章子)

>たしかな暮らしの息遣い。

 

小鳥来て母は元気と告げにけり(山本智恵)

>これも季語なのか!と驚いたり嬉しくなったり、「小鳥来る」もそのひとつだった。

 

村を去る最後の一家曼珠沙華(永井はんな)

ここも又廃線予定冬に入る(大村公美)

>以前、YouTubeで「廃墟」と検索したことがある。廃墟探索を趣味とする方が投稿した動画がたくさんあることに驚いた。現在でも山地を中心に廃村が多く、ボロボロの家屋がそのまま残っているところが多数あるようだ。自然に帰りつつある家屋を見るとなんとも言えないような気持ちになる。あと50年もすれば人が住む地域はさらに限られたものになるだろう。あるいは、日本人が少なくなった分、外国人が増えるのか・・・。

 

その色に惹かれて日記買ひにけり(小澤佳世子)

>私も学生時代に日記をつけていた時期がある。はじめはハードカバーのしっかりとした日記帳を買った。ずっしりと重たかった。時には和綴じの日記帳を使うこともあった。日記をつける頻度が減っていくにつれて、ふつうの縦罫線のノートを使うように変わっていったが・・・。 その日の出来事を書き留めたり、美術館の半券を貼ったり。日記帳には一人暮らしの日常のいろいろなものが詰まっていた。

 

卵かけごはんが好きで今朝の冬(竹中和恵)

>小学生のころ、朝ごはんに卵かけごはんをよく食べていた。一人暮らしを始めて、お米を1週間分まとめて炊いて、おむすびにして冷凍するようになったので、ずっと卵かけごはんは食べていない。なつかしい味として思い出される。

 

秋燕や母には母の故郷あり(佐藤寿子)

言ふと減る言の葉のあり秋深し(増田篤子)

開きたるページそのままなる秋思(松井秋尚)

秋の旅いつもどこかで水の音(石川花野)

>季語が物語を紡いでくれている。季語という言葉の力を信じることが大事。

 

きれいねとそれきり無言冬紅葉(松枝真理子)

>あるある、と頷いてしまった。寒さも手伝ってさらに無言になる。

 

いたはられ少し傷つき冬ぬくし(小倉京佳)

>そんなつもりはなくても・・・ということが生きていると多々ある。

 

寒いねと呟く寂しいとは言へず(佐藤二葉)

>サラダ記念日を思い出した。ほんとうは寂しいんだよね。

 

ピアノ曲こぼれ木犀花こぼし(三石知左子)

>こぼれるリズムが読者にも伝わってくるようだ。

 

やはらかな光を掬ひ毛糸編む(佐瀬はま代)

>しあわせな午後だ。

 

しばらくは花野に沿ひて行きにけり(山田紳介)

コスモスの話のはづむごと揺るる(山田まや)

竜胆のその盛りとて慎ましく(村地八千穂

桔梗の矜持を我も欲しけり(松原幸恵)

秋薔薇涙を溜めてゐるやうな(志磨 泉)

>秋の花。

 

雨雫こぼれ白萩散りにけり(小林月子)

日本画のような鮮やかな一瞬が脳裡に浮かぶ句。

 

居姿の美しき人秋袷(北原ちづこ)

>言葉にも美しい姿があると実感する。

 

 

鷹(俳句)

こんにちは、双海です。

今日は鷹俳句会の『鷹』を読んでの記事です。

こちらも作者名はメモがなく、わからず・・・。

共感する句、ユーモアあふれる句、発想に驚くような句。

 

クロッカスさみしさに音なかりけり

昼顔の駅に線路の終りけり

たんぽぽの絮それぞれの未来向く

薔薇咲くや人に触れたき雨の午後

過去忘れ未来想はずチューリップ

挿木して自分に作る未来かな

永き日や海見て何をするでなし

初花や袖もて余す女学生

手鏡に朱き唇春遅し

桜貝波音消えてゐたりけり

遠浅のごとき恋なり冬帽子

夕桜ゆるしてくれぬなら帰る

朝寝して雨音遠く聴いてをり

行間にさよならの声春の雪

断片の記憶つながる桜かな

父からの手紙大切牡丹咲く

夏草や夕風の立つところまで

浴衣着て妻湖のごと静かなり

鈴蘭の校章光る五月かな

恋せしは夢二の女月見草

遠花火京むらさきの帯を解く

トーストと紅茶の朝や麦の秋

籐椅子や時間ありすぎても寂し

捨てられぬ夢また一つ夏帽子

香水やふいに話題を逸らされし

けふ逢へる気がしてゐたよ星涼し

ふつくらと十八歳の浴衣かな

冬の朝あっけらかんと初潮あり

シクラメンひとりの時を大事にす

小春日の音楽室のにほひかな

空色のブラウス選ぶ四月かな

仕事なく致し方なく朝寝かな

人柄は語尾にあらはれ藍浴衣

父母の柔らかに居る帰省かな

遠ざかる日傘ひかりとなりにけり

風鈴や行き先告げぬ置手紙

忘れ貝汀に戻す晩夏かな

故人みなわれに優しく紫苑咲く

音ほどは吸はぬ掃除機土用明

物捨つるための早起き秋隣

子を宿し月のひかりに髪を梳く

露の夜の白きノートに対しをり

月光のこんなところに階段が

絶筆の楽譜ピアノに秋の声

秋めくや譜面をめくる手元さへ

月光やささめきやまぬ水の面

秋うららフレアスカート翻る

押し花にせし露草を栞とす

鯛焼の袋の湿り十三夜

速達の切手貼り足す師走かな

秋澄むやおのおのにある午後の椅子

スカートを広げて受くる林檎かな

浜菊やひかり集めて海静か

髪束ね妻に戻りぬ萩の花

 

 

可惜夜に逝きし娘よ嶺桜

>この一句にはコメントをさせていただきたい。

まず、可惜〔あたら〕という言葉が生きていることに私は感動した。幼い娘さんを亡くしたのだろう。一人娘だったのかもしれない。作者の思いが、嶺桜という一語でくっきりと刻印されている。私は心が震えた。そこに冗漫な説明は不要である。一篇の小説にも勝るとも劣らない、俳句の力を見る思いがした。

知音(俳句)

みなさまこんにちは、双海です。

 

今日は知音俳句会の『知音』で読んだ忘れたくない句をメモしていきます。

なお、作者は手元に控えていなかったのでわかりません(涙)

では、諸先輩方に敬意を表して・・・。

 

素通りの人を見てゐる寒さかな

冬ぬくしワインの昏き紅揺れて

冬桜見てゐて声をかけらるる

かな書きの奉書はやさし薄紅梅

果たされぬままの約束寒椿

もう誰を愛してゐるのかも朧

やんはりと誘ひ断はり梅月夜

立春のこの空色を着てみたく

水よりも空は水色初桜

夜桜の思ひつめたる白さかな

髪ほどき少女立夏の風の中

エリーゼのために一輪紅き薔薇

失ひし言葉探しの五月かな

春ショールはらりと鎖骨美しき

衣更レモンの香り通り過ぐ

わがままに生きて日傘のフリルかな

麦秋や振り向かぬ背のいつまでも

学生の来ぬキャンパスに夏来る

桐咲くやあの頃志高く

何もせぬことに疲れて金魚見る

薔薇の香や遠まなざしの少女像

薔薇咲いて白には白の香りあり

涼風や湖畔に開く文庫本

十薬の花の純白朝の雨

井の中を知らずバケツの蛙の子

妻くれし手編みのセーターやはらかく

登場の科白もなくてなめくぢり

初夏やすとんと綿のワンピース

風よりも雨に零るる白薔薇〔しろさうび〕

街薄暑スカートの膝美しく

目瞑ればアリア聞こゆる薔薇深紅

紅の薔薇咲き満ちてより不安

花火見て橋の袂に別れけり

毒のなき言葉寂しきゼリーかな

空蝉に何か気配といふ気配

噴水の向かうに見つけたる背中

紫陽花や後ろ姿を見失ひ

薄幸の色に昼顔咲いてゐる

どこまでも瑠璃色深く泉湧く

すれ違ふ少女ハミング秋隣

気づかぬか気づかぬふりか白日傘

秋思ふと手放す本と残す本

新涼や書架にリルケの詩集古り

瑠璃色の涙をひとつ蛍草

花の名を知る嬉しさよ花野ゆく

明日はまだ帰りたくない星月夜

のぞきこむ少女を映し水澄める

秋の蝶とまるスカート枯葉色

これからの生き方をふと今日の秋

秋桜ひらく掌ひらくごと