記憶の汀

~とりとめのない日々のこと~

『知音』2021年3月号から

みなさまこんばんは。 早いもので気が付けば3月もおしまいです。 取り急ぎメモしておきます。 掌にぬくめてホットレモンの香(吉田しづ子) 話すことなくても愉し暖炉燃ゆ(前田星子) 教室の隅の一人の日向ぼこ(小倉京佳) 行く年や流れゆくもの見つめゐて…

『鷹』2021年3月号から

みなさまこんにちは。 この前、寒暖差アレルギーという言葉を知りました。 気温の大きな変化による自律神経の乱れが原因のようです。 さて、今月も鷹誌から素敵な句をメモしていきたいと思います。 水底に薄日の届く冬至かな(宮本素子) 幸せになりたく日記…

『塔』2021年2月号から

こんにちは。近所の梅が花開いています。 もうそこまで春が来ているのですね。 ゆるやかに何かが漏れてゆくらしき君の言葉を我は繕ふ(尾形 貢) 無防備にからだあづけてくる秋の重みをしんと受けとめてゐる(澄田広枝) >一読、不思議な魅力に満ちた歌たち…

『鷹』2021年2月号から

みなさまこんにちは。 今日はあたたかく、洗濯物もよく乾きそうな日です。 鷹誌から忘れたくない句をメモさせていただきます。 アルバムとだまつて話す小春かな(遠藤篁芽) 石段の先は青空七五三(喜納とし子) 地震くればいちころの街寒月下(加藤静夫) …

『知音』2021年2月号から

みなさまこんにちは。 日中はあたたかい日も増えてきたように思いますがいかがお過ごしでしょうか。 先月に引き続き、今月も諸先輩方の俳句に触れてみようと思います。 をとめらのいま美しき夏の川 あの日より日記が途絶へ夏の川(原 川雀) >青春と夏の川…

鷹(俳句)

こんにちは、双海です。 今日は鷹俳句会の『鷹』を読んでの記事です。 こちらも作者名はメモがなく、わからず・・・。 共感する句、ユーモアあふれる句、発想に驚くような句。 クロッカスさみしさに音なかりけり 昼顔の駅に線路の終りけり たんぽぽの絮それ…

知音(俳句)

みなさまこんにちは、双海です。 今日は知音俳句会の『知音』で読んだ忘れたくない句をメモしていきます。 なお、作者は手元に控えていなかったのでわかりません(涙) では、諸先輩方に敬意を表して・・・。 素通りの人を見てゐる寒さかな 冬ぬくしワインの…

『知音』2021年1月号から

みなさんこんにちは、双海です。 今日は知音俳句会の『知音』2021年1月号を散策してみたいと思います。 作者名は敬称略で失礼します。 露草の瑠璃を深めて通り雨(大野まりな) >夜明けとともに花開き、昼にはしぼんでしまう露草。 その短命な様が名前の由…

『塔』2021年1月号から

こんにちは、双海です。 皆さま今年もよろしくお願いいたします。 さて、今日は塔短歌会の『塔』1月号から。 これ、初の試み。祝日で早起きして時間があるからね(笑) 作者名は敬称略で失礼します。 クレマチス返り咲きおり秋雨の朝〔あした〕むらさき色を深…

最近聴く曲たち

こんばんは、双海です。今年も残すところあと僅かですね。 この数日間にどのような有意なことができるか、よく考えて過ごしたいと思います。 さて、今日は最近よく聴く音楽をざっとまとめてみようと思います。 まず1曲目は「アルビノーニのアダージョ」 yout…

想いを継ぐ者になれ

こんばんは、双海です。 今日は雑感を。(酔っているので・・・笑) 若いのに俳句・短歌が好きなんて・・・と何度か軽蔑されたことが心に深く残っている。 たしかに詩歌は小説に比べて金にならない。 経済至上主義の観点からすれば旧世代の遺物だろう。 しか…

『ぼくたちに、もうモノは必要ない。』

皆さま、こんばんは。双海です。 コロナで家にいることが増えました。 今月は家の中にある不要なモノをどんどん手放しています(売り払っています)。 今回のタイトルはあるミニマリストの方の著書から。 先日、図書館で借りて読みました。ここで本を買った…

”やるべきこと”よりも”やらなくていいこと”を決める

皆さまこんばんは、双海です。 11月になりました。霜月です。 だんだんと寒さも本格的になってきましたね。 人生の時間(寿命)は有限。今日1日も有限。当たり前だけど。 やるべきことを探すこと以上に、やらなくていいことを明確にしておく方がよいのかもし…

晴れときどきテレビ

皆さまこんにちは。 朝晩が急に冷えるようになりましたね。 秋は足早にやってきます。 学生時代に一人暮らしを始めてから、ずっとテレビを持たない生活をしています。 そんな私がテレビの話題を。 私がテレビを見るのは、帰省したときと出張でホテルに泊まっ…

ことばの杖 ~ゲーテ格言集~

こんばんは。双海です。 だんだんと涼しくなってきましたね。 みなさんは何度も読み返す本をお持ちでしょうか。 多くは一度読んでおしまいになるのではないでしょうか。私もそうです。 でも、そんな中でどうしても手元に置いておきたいと思う本もありますね…

本を買って引きこもる

皆さまこんにちは。 梅雨があけてすっかり夏模様ですね。 今日から夏期休暇です。 先ほど書店に行ってきました。 勉強に倦んだら読書をしようと思います。 買ってきた本。 小林秀雄『批評家失格: 新編初期論考集』新潮文庫 ★8/1新刊 三島由紀夫『谷崎潤一郎…

勉強について

皆さまこんばんは。 先ほどから雨が降り始めました。大粒の雨です。 勉強って何でしょう。なぜ勉強をするのか?思いついたことを記してみたいと思います。 とりあえず・・・想像しやすいように受験勉強で話を進めてみます。 私自身、受験勉強をがんばって良…

さよならすること

明日(もう今日か)は休日。 コロナ蔓延後、外出自粛で休日はほぼ一日中家の中にいます。 先日は片づけを大々的に行いました。 合言葉は「いつか使うは馬鹿野郎」 床の薄手のカーペットを処分。 使っていない雑貨小物。 本もいくらか処分。 大きな本棚もこれ…

物置のピアノ

AmazonのPrime Videoで「物置のピアノ」という映画を観た。 静謐、抒情的な作品。私は好きだ。 過剰な演出がなく、訴える力が乏しいという指摘もあるかもしれないが、メッセージ性は高いと思う。 物足りないと簡単に批判する前に、観る側がどれだけ製作者の…

道端に

道端に咲いている花は、 花屋さんで売っているような立派な値段のつくような花ではないんだけれど、 純朴でかわいいし、 花がいちばん花らしい姿をしているんだと思う。 (といっても花屋さんの花もときどき買うけれど 笑)

世界が輝いていたころ

小学生のころの読書体験はいつも輝いていた。 教室のうしろに図書館の本が15冊ほど置かれていた。 月ごとに新しい本に替わるんだ。 私はそこでまどみちおさんの詩集を読んだ。 よくわからないところもあったけれど、あったかい気持ちになったことを覚えてい…

雑感

いま27歳。 人生100年とちょっと多めに見積もって、残り73年。 何でもできる気がするし、やってみたいことは何でもやらなくちゃと思う。 大学生の時のほうが、高校生の時のほうが、中学生の時のほうが・・・可能性はあったかもしれない。 でも、何かを”やろ…

ゆきふると

皆さまこんにちは。 今日はセンター試験。 本学も会場になっておりました。 朝、出勤するときは雨でしたが、 いまは雪が降っています。 私は午前勤務を終えて帰宅したところです。 ゆきふるといひしばかりの人しづか 室生犀星の句。私の好きな句のひとつです…

音楽と私と

みなさんこんばんは。 今日は壮大なタイトルですが、例の如くこじんまりとしたお話をしたいと思います笑 私はクラシック音楽が好きです。今夜もピアノ曲、カッチーニのアヴェ・マリアを聴いております。 この曲は、はじめて聴いたときに涙ぐんだものです。い…

立子へ-虚子より娘への言葉-

みなさんこんばんは。 俳句と短歌の間を行ったり来たりしている双海です 笑 9月ももう中旬なのですね。 いま、岩波文庫の『立子抄』を再読しています。 この本は、俳人 高浜虚子が次女である立子(たつこ)の主宰する俳句雑誌『玉藻』に寄せた文章を集めたも…

萩の花咲くころ

みなさん、こんばんは。 9月に入りましたね。 秋はいろいろな草花が可憐な花を咲かせる季節です。 私たちも高い所からではなく、花一輪一輪の目線に立って親しみたいものです。 ここでは私の好きな萩について、俳句をいくつか交えながら秋の文学散歩と参りま…

「息が足りないこの世の息が」

皆さま、こんにちは。 もうじき9月になりますね。 先日、永田和宏著『歌に私は泣くだらう 妻・河野裕子 闘病の十年』(新潮文庫・2012年)を読みました。 以前単行本で読んでいたので、今回は再読になります。 著者の永田さんは歌人にして細胞生物学者(大学…

「ぼくは詩を捨ててあなたにくちづけするだろう」(谷川俊太郎)

皆さま、こんばんは。 じめじめした日が続いていますね。いかがお過ごしでしょうか。 昨日は職場の湿度が90%に達していました・・・! これでは頭の中にもカビが生えそうです・・・。 カビと言えば・・・ 私が愛用している水原秋櫻子の編になる『俳句小歳時…

筆写に思う

皆さま、こんばんは。 先日、公共図書館へ司書関連の参考文献を借りに行ったのですが、 そのときに本居宣長に関する本が目に留まったので併せて借りました。 吉田悦之著『日本人のこころの言葉 本居宣長』(創元社・2015年)という本です。 本稿は、本書を読…

平易なことばに溢れる詩情

皆さま、こんばんは。 こちらは先ほどから小雨です。 さて、昨日は品川まで出張に行って参りました。 進研アド主催の「Betweenセミナー」です。 テーマは、大学改革期を走りきる学生募集の中期戦略~心を掴む情報開示で大学のブランディングを~ でした。 そ…