記憶の汀

~大学職員が綴るとりとめのない日々のこと~

家計簿「Zaim」を使ってみた

みなさん、こんにちは。

お久しぶりです。

 

寒くなって乾燥しているからでしょうか、喉と鼻の調子がいまいちです。

早く治るといいな・・・。

 

さて、そろそろ年末に近づいており、今年の我が家の決算をとりまとめる時期になってまいりました。・・・と言っても、一人住まいなので大したことはないのですが 笑

 

今年はノートPCの買い換えなどイレギュラーな大型出費が数件あったこと、超過勤務手当が減少したこと、買い食いの頻度がやや多かったこと等により、当初の貯蓄見通しからマイナス修正をせざるを得ません。

 

このままではいけないと思い・・・

 

学生時代から使ってきた「うきうき家計簿(フリー版)」から「Zaim(無料会員)」へ乗り換えをしてみました。

今までは買った物を家計簿に入力して月単位で出費を確認していたのですが、

Zaimではあらかじめ1ヶ月の予算を設定し(自動的に週単位・1日単位の予算が表示される)、その範囲内でやりくりをするという発想になります。予算管理という考え方が強い家計簿であると実感しています。さすが「財務」笑

 

そして何よりも、Zaimではスマホでレシートの写真を撮って読み込ませることが可能で、これによって品目や金額を入力するという手間を省くことができます。

面倒なことは続かないので、これは私にとって大きなメリットです。

家計簿はできるだけコスト(利用料金・時間)をかけずに管理したいので・・・。

 

細かな入力ミスや若干の入力漏れは許容して、9割程度の精度で運用できたらと思います。